本文へスキップ

「ふぁむ・ふぁーむ」は、すべてのひとたちが「協働・共生」して暮らせる地域づくりを目指します。

電話でのお問い合わせはTEL.0983-39-1110

〒884-0104 宮崎県児湯郡木城町石河内788-11

障がい児通所支援 
 児童発達支援センター

 平成23年1月に児童福祉法に基づく事業として、木城町に障害児通所支援事業所を開設いたしました。名称は「はぐはぐ子ども村」と申します。
 平成24年8月に「はぐはぐ子ども村西都」、平成28年8月に「はぐはぐ子ども村高鍋」を開設しました。
 また、平成27年6月に、木城町の「はぐはぐ子ども村」は、児童発達支援事業所から、児童発達支援センターに移行しました。
 支援の種類は、
(1)児童発達支援、はぐはぐ(未就学児)、ぐんぐん(小学校準備クラス)
(2)放課後等デイサービス、くうくう(就学児)
(3)保育所等訪問支援、でんでんむし

 これら3つをまとめて、「はぐはぐ子ども村(センター)/はぐはぐ子ども村西都/はぐはぐ子ども村高鍋」といっております。
 これら事業の目的は、「障がいのある子どもたちが、日常生活における基本的動作及び知識技能を習得し、並びに集団生活に適応することができるよう、当該障がい児の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な指導及び訓練を行うこと」となっています。

 障害者自立支援法に基づく児童デイサービスは、平成24年4月から、児童福祉法に基づくサービスとして、児童発達支援事業と放課後等デイサービスに変更されました。

 子どもの発達障がいや強すぎる個性に対して支援する上で、早期にかかわることが重要だといわれています。日ごろ、地域の乳幼児の健診や発達相談に関わる中で、発達の不安やしつけの悩みを持つお父さんやお母さんからたくさん相談を受けます。
 また、健診などで早期療育の必要性を感じるお子さんとの出会いも少なくはありません。
 しかし、わたしたちの生活圏の西都・児湯郡あたりでは、専門的に療育をする資源が不足しています。この地域に障がいのある子どもの療育を専門的に行うことができ、その家族の方々もサポートできるような施設を作りたいと強く思いました。
 大人の方の心理的サポートもできる、複合的な「癒しの杜」をイメージして、自然環境のいいところに施設の場所を決めました。

 「はぐはぐ子ども村」は、さまざまな分野の専門家たちの賛同と助力を得ることができて、開設が実現しました。
 ぜひ、このような施設を作ってほしいと背中を押してくださった関係者のみなさま方に大きな力をいただきました。
 「はぐはぐ」というネーミングは、「HUG(抱きかかえる)」と「育む(はぐくむ)」を合わせて「はぐはぐ」といたしました。
 大切な子どもたちを卵のように抱いて慈しみ育てる。それがスタッフみんなの姿勢です。
 子どもたちが、自分らしくいられる居場所をみつけ、自信をもって生き生きと楽しく社会生活が送れる、そして、将来の自活の基盤が築けるようになることを、こころから応援したいと思います。
 今後、子どもたちの成長に寄り添って、生涯にわたってサポートしていける体制を整えていく計画です。

特定非営利活動法人 ふぁむ・ふぁーむ
障がい児通所支援事業所
はぐはぐこども村(児童発達支援センター)はぐはぐ子ども村西都/はぐはぐ子ども村高鍋
    代表 渡邉ゆきこ(臨床心理士)

【療育方針】
  • ・遊びを通して様々な経験を重ね、遊び尽くした中で学んでいくことが、ひとりひとりの成長発達につながり、将来の社会生活適応の基盤となるようかかわっていきます。
  • ・ひとクラス5人の少人数のグループを中心としながらも、個々の状況・状態にそくした教育を実施しています。

はぐはぐ・くうくうの年間行事
活動内容
4月   療育開始・交流会・お花見
5月 バーベキュー大会・端午の節句・地域活動 
6月  梅ちぎり
梅ジュース作り
相撲大会 
7月 七夕作り
料理
8月 プール
金魚すくい
陶芸体験
9月 お月見・お年寄りとの交流
10月  ハロウィン・柿ちぎり・干柿作り 
11月 遠足 ・年賀状
12月 クリスマス会・発表会・そば打ちの会 
1月 初詣・書初め 
2月 節分・観梅会 
3月 おひな様あそび 

はぐはぐ

心身の発達に何らかの問題や障がい、心配のあるお子さんを対象に、集団や個別での遊びを通じ発達に即した適切な援助を行います。また、家族が子育てに自信を持ち、安定した生活ができるよう支援します。保育士・教諭経験者・言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・音楽療法士・社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・臨床心理士などの専門スタッフが療育や相談にたずさわります。     

対象者  未就学児  開設曜日 月曜日~金曜日 
定員  5名  開設時間 8:30~12:30 
児童発達支援 はぐはぐ(未就学児)
 時間  内容
 8:30 登園 健康チェック、排泄介助、シール貼り 
 8:45 自由遊び 
 9:45 お片づけ、排泄介助、水分補給 
10:00  <集団療育>朝の会
感覚統合遊び
ごあいさつ、おともだちのお名前、お返事、運動、
せんせいのお名前、手遊び、絵本、合唱、楽器演奏、
ラジオ体操、お片づけ 
10:30 自由遊び、課題遊び、言語療法、個別療法 
11:00  保育園組は、排泄介助の後、降園 
11:30 自由遊び、食事のマナー 
12:30  排泄介助の後、降園 

くうくう

学校通学中の障がいのある児童・生徒に対して、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に実施するとともに、障がいのある児童・生徒の放課後等の居場所を提供します。

対象者 就学児  開設曜日 月曜日~金曜日
定員  5名  開設時間 13:00~17:00 
児童発達支援 くうくう(就学児)
 時間  内容
13:00 登園 健康チェック、シール貼り、自由遊び 
15:30 自由遊び、外あそび、個別療法 
15:50 トイレ、手洗い、おやつ準備(日直さん) 
16:00  <集団療育>
16:30 お集りの会 おやつ(食事マナー)
自由遊び、課題遊び、言語療法、個別療法 
16:50  お片づけ、シール貼り、生活マナー指導
16:55 帰りの会(今日の感想の発表)
にゃんこ先生とのふれあい
 
17:00  降園 

でんでんむし

保育所(園)・小学校・施設等を現在利用中の障がいのあるお子さん、または今後利用する予定のある障がいのあるお子さんが、保育所等における集団生活の適応のために専門的な支援を必要とする場合、その本人及び当該施設のスタッフに対し、集団生活に適応するための訓練や支援方法の助言・指導などを行います。                 

対象者 保護者の申請によって契約の上、訪問が開始されます。


information

特定非営利活動法人 
  ふぁむ・ふぁーむ

〒884-0104
宮崎県児湯郡木城町石河内788-11
TEL.0983-39-1110
FAX.0983-39-1120
アクセス

代表ブログ「ふぁむてらす」
パンフレット
ニュースレター